最新ニュース
  • 最新ニュース
  • 税務スケジュール
お役立ち情報
株式会社設立調書
相続税タイムスケジュール
特例有限会社のメリット、デメリット
確定申告書チェック表
国税庁 HP:路線価図・評価倍率表
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • アンケート
  • 採用情報
  • スタッフブログ
  • 国税庁
  • IBS有限責任事業組合
社外の者を対象とする飲食費等に限り1人当たり5,000円以下のものは交際費から除外できることになりました。適用時期ですが、平成18年4月1日以後に支出するものから対象になります。 上記適用を受ける為には、ある程度の書類の整備が求められます。具体的には、財務省令で定める書類の保存が必要になり、書類の記載事項については、簡単に述べますと (1)飲食年月日 (2)参加した得意先、仕入先等の氏名又は名称及びその関係 (3)参加人数 (4)金額・飲食店等の名称・所在地   (店舗を有しない等で名称・所在地が明らかでない場合は領収書等に記載された支払先の氏名又は名称、居所又は事務所等の所在地) (5)その他参考となるべき事項 とされています。 特に(2)、(3)については領収書等では把握できないので記録が必要となります。 (5)については、補足事項をメモする程度の記録で構わないと思われます。

Posted in: 法人税

ページの先頭へ