最新ニュース
  • 最新ニュース
  • 税務スケジュール
お役立ち情報
株式会社設立調書
相続税タイムスケジュール
特例有限会社のメリット、デメリット
確定申告書チェック表
国税庁 HP:路線価図・評価倍率表
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • アンケート
  • 採用情報
  • スタッフブログ
  • 国税庁
  • IBS有限責任事業組合
次のすべての要件に該当する場合は、会社負担が多額になるケースを除いて、会社は福利厚生費として損金処理し、従業員は非課税となります。 (1)旅行の期間が4泊5日以内である(海外旅行の場合は海外での滞在日数が4泊5日以内) (2)旅行に参加した人数が全体の人数の半分以上である(工場や支店ごとに行う旅行は、それぞれの職場ごとの人数の半分以上が参加することが必要) ただし、上記要件を満たしている旅行であっても、次のようなものについては単純に福利厚生費として損金処理できませんので注意してください。 1)実質的に私的旅行と認められる旅行⇒“給与、役員賞与” 2)取引先に対する接待、供応、慰安等のための旅行⇒“接待交際費” 3)役員のみで行く旅行⇒“役員賞与” 4)金銭との選択が可能な旅行⇒“給与、役員賞与”

Posted in: 法人税

ページの先頭へ