最新ニュース
最新ニュース
  • 2016年12月10日
クレジットカード納付制度が始まります

平成29年1月4日からクレジットカード納付制度がスタートします。対象となるのは、所得税、法人税、消費税、相続税、贈与税などほぼすべての税目で、加算税や延滞税などの付帯税も対象となります。

クレジットカード納付による最大のメリットは実質的に納付期限が延びることであり、法定納期限内に納付手続きを完了していれば、引落とし日が納期限後になった場合でも延滞税は発生しません。

一方、デメリットとしては納付税額1万円当たり76円(税別)の手数料がかかることや、納税証明書の発行に時間がかかることが挙げられます。金融機関から融資を受けるなど、納税後すぐに納税証明が必要となるケースなどでは注意が必要です。

クレジットカード納付は、インターネットの利用が可能なパソコン、スマートフォンおよびタブレット端末から「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスして行います。

クレジットカード納付制度に関する詳細はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ