最新ニュース
最新ニュース
  • 2014年07月11日
平成26年分の路線価等を公表

国税庁から平成26年分の路線価等が公表されました。

路線価は、国税庁が路線ごとに毎年定めている土地価格(㎡単価)で、相続税や贈与税の額を決めるベースとなっています。

全国平均では前年比0.7%の下落となっています。6年連続での下落となりますが、下げ幅は減少しています。

前年は価格が上昇したのは2県(宮城、愛知)のみでしたが、今年は8都府県(宮城、愛知、福島、埼玉、千葉、東京、神奈川、大阪)が上昇しています。

最も上昇率が高かったのは、名古屋(中村区名駅1丁目名駅通り、10.0%)となりました。

 

 

ページの先頭へ