最新ニュース
最新ニュース
  • 2013年12月02日
国税庁が相続税の調査状況を公表

国税庁はこのほど、平成24事務年度における相続税の調査状況を公表しました。

実地調査件数は前年度比11.4%減、申告漏れなどの非違件数も前年度比10.8%減で実地調査件数および申告漏れ課税価格が過去10年間で最低となりました。

実地調査件数の減少要因について国税庁は、「改正通則法が施行され税務調査手続きが明確化されたことにより、投下する事務量が増え調査1件当たりに要する日数が増加したため」と説明しています。

 

 

 詳しくはこちら 

ページの先頭へ