最新ニュース
最新ニュース
  • 2011年01月31日
子や孫への贈与税が負担軽減へ

平成23年度税制改正大綱によると、相続税は負担が増える一方、贈与税においてはある程度の負担軽減が図られる模様。
高齢者から若年層への資産の早期移転を促し、消費拡大や経済活性化を図ることが狙い。
20歳以上の者が父母、祖父母より贈与を受けた場合、それ以外の贈与の場合と比べて税率を低くし、子や孫への贈与を後押しする。
ただし、4500万円以上の贈与は従来より税率が上がるので注意が必要。
また、平成23年中は旧税率と新税率のどちらかを選択できる経過措置が設けられそうです。

ページの先頭へ