最新情報WHAT'S NEW

静岡県新型コロナウイルス感染拡大防止協力金(営業時間短縮要請)について

新型コロナウイルスの感染症が拡大し、医療体制が逼迫していることから、富士市内全域において、静岡県より営業時間の短縮要請が行われます。

対象区域  :富士市内全域

対象施設  :酒類を提供する飲食店およびカラオケ店

対象期間  :令和2年12月23日から令和3年1月5日(1月6日午前5時)まで

営業自粛時間:午後8時から午前5時まで

対象事業者 :富士市内に施設を有する中小企業および個人事業主

支給条件  :遅くとも12月25日から最終日までの期間連続して要請に応じる事

支給額   :1事業者あたり4万円×協力日数

申請受付期間:令和3年1月6日から1月29日まで

詳しい内容は富士市役所ホームページをご覧ください。

 

 

 

令和2年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ

 静岡県内の令和2年分確定申告期における確定申告会場は下記のとおりです。 

 ※確定申告会場と2月21日(日)及び28日(日)に確定申告の相談を行う税務署の一覧ついては、こちらを( 国税庁HPへ )クリックしてください。


 令和2年分の所得税等の確定申告の相談及び申告書の受付は、令和3年2月16日(火)から3月15日(月)までです。
 なお、本年は、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、一部の税務署(確定申告会場)においては、開設期間を拡大しています。
 税務署の閉庁日(土・日曜・祝日等)は、通常、相談及び申告書の受付は行っておりませんが、一部の税務署(確定申告会場)においては、2月21日(日)と2月28日(日)に限り、確定申告の相談及び申告の受付を行います。

                           (国税庁HPより)

 

持続化給付金の不正受給について

持続化給付金について、中小企業庁は6月に不正受給の専門チームを発足させ、7月から本格的に調査を行っています。

不正受給者については、罰則として氏名等の公表や受給額と延滞金の合計額に2割を加算した金額の支払い義務が生じます。

最近は、持続化給付金の不正受給による逮捕者が増加していることを受け、自主返還を行う者も増えてきているようです。

自主返還した場合にはこの2割加算の罰則は課されないとのことです。

 

 

税務・税金・財務会計・経営計画・相続対策・確定申告等のサポート等

税理士法人IBS

営業時間8:30~17:00 休日土・日・祝日

富士事務所

住所:
静岡県富士市川成島684-20
TEL:
0545-61-5061
FAX:
0545-61-5637

富士宮事務所

住所:
静岡県富士宮市淀師82-7
TEL:
0544-23-4136
FAX:
0544-27-7466